はなずみのマラソンの歴史。

はなずみのマラソンの歴史。




サワッディークラップ!はなずみです!

タイに来てからマラソン大会に出る事が多く、次回もマラソンに関しての投稿を挙げる予定なので、今回は2017年に走った人生初のフルマラソンの話とプーケソンの話をfacebook投稿を元にここに挙げておこうと思います。

 

そもそも私は昔からマラソンが苦手でマラソン大会では、「一緒に走ろうね」と約束していつも置いて行かれる側の人間でした。

そんな人間がタイで人生初のフルマラソンを走ったのが2017年の5月22日のバンコクミッドナイトマラソンでした。



バンコクミッドナイトマラソン

facebookの投稿。↓

 

「《はなずみ初のフルマラソン無事完走出来ました!》

昨日の夜から行われたBangkok midnight marathonに参加し、人生初のフルマラソン無事完走出来ました!

サポート、応援してくれた方々ありがとうございました!

そしてネットで調べた時に出てきた、初めてでフルマラソンを完走する方法を書いた方もありがとうございました!
「結局はメンタルだ!」としか書いてなかったけど、おかげでメンタルを意識した結果完走出来ましたー!
家帰ってから全然動けなくなりました…。

上出来!」

普通はちょっとずつ距離を伸ばすんだと思いますが、初のマラソン大会出場でいきなりフルマラソン行ってみました。まぁ個人的な考えで、やるならフルやんなきゃ意味ないかな?という考えもあり挑んだ初のフルマラソンのタイムは6時間48分と、「本当なら6時間でカットオフの所なぜか最後まで走れた。」という謎の展開でした。

まぁ完走と言っても21キロ過ぎくらいから膝が痛くなり残りは全て歩いた結果になり、

「絶対にリタイアしない」という気持ちだけで走りました。



プーケソン

2度目のフルマラソンはタイの人気観光スポットプーケットで行われたプーケソンでした!

プーケソンの本番一か月前から、友人でプロサッカー選手の樋口選手に走り方を教えてもらって挑んだプーケソンの結果!

facebookの投稿↓

「2度目のフルマラソン。

2時起きでスタート地点のサパンヒン公園へ。
フルマラソンを走るのはがんばれゆうすけとおばたのお兄さん、そして片岡安祐美さんとスポーツ感満載な人々。そしてスポーツ感はなく最近タイティーの飲み過ぎで太って来た僕。
勝ち目はないので前回の自分を越えようと思っていた。

~7km、前回より遥かに楽。がんばれゆうすけの助言通りに走る前にしっかり食事したせいか、イケる気しかしない。

~14km、2時間以内で14km走れてやっぱりイケる気しかしない。樋口コーチのおかげで全然疲れない無限に走れる走り方を発見する。「走り方のコツ掴んだわぁ~。完全に6時間切れちゃうわぁ~。」と浮かれまくる。ここで早くも折り返したがんばれゆうすけとすれ違う。

~21km、折り返し地点のプロムテープ岬の激ヤバ坂に遭遇。足をやってしまいそうなので、登り坂は全て歩くという冴え冴えの作戦を思いつき実行。ここで少しペースが落ちる。

~28km、折り返して沢山の人とすれ違う。これから激ヤバ坂に挑むみんなを心の中で応援する。そしてグッと足が重くなる。イケない気がしてくる。

~35km、気づくと僕の後ろをピッタリと警察のバイク2台と救急車がついて来ていた。
「えっ!?まさか!?」と思い警官に聞いてみると、なんと現在ビリらしい。
なんと!後ろの人達は全員リタイアしたらしい。
「フルマラソンの最後尾は中々経験出来ない景色だなぁ~。」と思っていると、警官はしきりに「救急車乗っちゃう?ギブアップしちゃう?」とギブアップを誘って来る。そう彼らは早く止めてる道路を解放したいんだ。僕が走った道がドンドン解放されていく。
「この誘いはきつい!」と思い、頑張って走る🏃🏃🏃
そして足をひきづっているタイ人を1人抜く!警官と救急車を擦り付ける!
「これでギブアップへの誘いがなくなった!」と思い安心して走る。
しばらく走っていると後ろに知っている気配が、、、。
振り向くと先程のバイクに乗った警官二人と救急車がまたもやピッタリと後ろについていた。そして彼は言う。「ギブしちゃう?救急車乗っちゃう?」
どうやら僕が抜いた彼は警官の誘いにのってギブしてしまったらしい。。。
「また始まったのか。。」と思ったけど発想を変えた。
「この警察のバイク2台と救急車を引き連れたスーパースター状態のままゴールしたらめっちゃ目立つじゃん!」と。
この時「このポジションを死守してゴールしてやる!」と決めた。
日本人が警察のバイク2台と救急車、そして途中から帰る途中のカメラマンも加わりスーパースター状態で走っていると、沿道の現地の人達も「えっ!?この人スーパースターなんじゃない?」と勘違いをして沢山の声援を送ってくれる。めっちゃ応援してくれる。写真も撮られる。
「このスーパースター状態でゴールしたら完璧だ!😃✌️」と思っていた。
35km地点でバイク2台がいなくなった。
35kmまでは大通りだったが、35kmからは街中を走るので警官はきっと大通りを早く解放したかったんだと思う。
スーパースター計画が崩れてしまった35km地点。。。

~GOAL、35km地点からは後ろから追い上げて来たスイーパーと呼ばれる人達と一緒に走る。彼らは運営側の1番最後尾を走る人々で制限時間ギリギリで走る人達です。そしてギリギリの人を鼓舞、激励し、冷却スプレーなんかもかけてくれます。僕はその中の二人を勝手に自分のトレーナーだと思う事にして一緒に走った。35kmを越えた僕の足は激重。走って足がつりかけては止まってトレーナーにスプレーをかけてもらうのを繰り返す。
警官がいなくなって、疲れまくりの僕はもうスーパースター状態とか考える余裕はなく、ただひたすらに「ゴールはまだか!」と考えていた。
そしてゴールが見えた僕は「トレーナー二人と手をつないでゴールして、ゴール地点でしばらく手を挙げて止まっていよう!これはいい絵だ!」と思い二人と手をつなぎ、みんなで手を挙げてゴール!!!!!!!

と同時に足をつる!!!!
なので手を挙げてるいいシーンは1秒で終わり、その写真はありません。

結果は6時間41分。前回が6時間48分くらい。
491/495位。
「おいおいはなずみ!ほぼビリじゃないか!だっさー!プッぷー(‘・c_,・` )」と思われるかもしれませんが、僕はわりかし満足です。

フルマラソンの参加者は643人。
つまり約150人、つまり参加者の1/4が脱落した過酷なコースだったからだ!!

よくやった!!はなずみ!!!😃✌️

※めっちゃ長くなりました。最後まで読んでくれてありがとうございます😃✌️❗」

 

ちなみに前回のマラソン後マタズレに悩まされたのでこの時は反省を生かしてスパッツ履いてます。

 

以上はなずみのマラソンの歴史でしたー。

次回はウボンマラソンについて!



全く関係ないが是非見て欲しい動画。

ภาษาไทยวันละคํา20〜Ver อารีย์ part1~ タイ語教えてください!20 アーリー part1 I study thai

チャンネル登録してね!




Facebookページ、instagram、twitter、やってます。全て

hanazumi8723で出てきますのでフォロー&いいねよろしくお願いします!!

ページ上と下のリンクからも行けますので!

youtube

CTA-IMAGE はなずみがタイで色々やるチャンネル 是非是非チャンネル登録してね!

タイ生活カテゴリの最新記事