父の手術と一時帰国とエラワン様。

父の手術と一時帰国とエラワン様。

父の手術と一時帰国とエラワン様。




サワッディークラップ!はなずみです!

六月中盤からこのブログが少し止まっていました。今回はその話を書こうと思います。

まぁ正直、「こういう内容は書かない方がいいのかな?」とも思い、色々忙しくもあり、ブログが止まっていました。

が、そもそもこのブログを始めたきっかけが「日々の活動を一か所にまとめたい。」という思いもあり始めた物であり、活動にも関わる事なので日記代わりに書いてみる事にしました。明るくハッピーな内容が好きな方は閉じてもOK!

一言で言うと父親の手術のため日本に一時帰国していました。

始まりは6月19日、兄から連絡があり、「父親が検査のため緊急入院した」と連絡が来る。

正直この時は「検査結果次第で病気が見つかるかもしれないけど、すぐにどうこうなる話ではないだろう。」と思っていた。

6月20日、検査の結果脳に腫瘍が見つかる。

「脳腫瘍」という言葉のパンチ力にビビリ始め、帰国を考え始める。

毎日ラジオの生放送をやっているため、会社に手術に合わせて帰国する許可をもらうため相談。

あっさり許可がもらえる。むしろ相談したら「何してんだ早く帰れ」と言われる。

タイの人達は日本人よりも家族を大事にする傾向があるので簡単に許可がもらえました。この点本当に会社に感謝です。そして深夜に23日タイランドゴットタレントがあったため、24日の日本行きのチケットを購入。


6月21日、23日に緊急手術が決まる。ICUに入る。

午前中に「父がICUに入った。」と連絡が来る。

予定通り24日に帰るorタイランドゴットタレントと24日のチケットを捨てる(チケットがキャンセル不可のため。)

の決断を迫られる。

24日のチケットは捨てた。そしてゴットタレントは同じタイ住みます芸人のあっぱれコイズミさんが22日の予定だったため、変わってもらえないかあっぱれさんとテレビ局に相談した所、あっさりOK!

結果ゴットタレントを22日に変更。そしてゴットタレント終わりの飛行機で日本に帰る事にした。

あっぱれさんとテレビ局にも感謝です。

そして「脳腫瘍」という言葉にビビった私は神頼みをしにエラワン様へ。

そうです。チットロムのセントラルワールド近くのエラワン様です。

バンコク最強パワースポットと呼ばれる有名な場所ですね。

私は無神論者のためもうバンコクに住んで2年ちょっとですが、散々前を通ったりはしてるけどちゃんとお参りをしにこのエラワン様へ行くのはなんと初めてだった。

エラワン初お参りの私は入り口で言われるがままにお参りフルセットを購入。

なんとお値段500バーツ(約1650円)!!!!!

完全に観光客価格だと思うけどタムブンと考え購入!四方向からしっかりお参りした。

6月22日、タイランドゴットタレント

朝一からタイランドゴットタレントの収録へ。前日急遽日付変更したため大慌てでのタイランドゴットタレントでした。

この日の模様はコチラで↓↓↓

タイランドゴットタレントの収録に行って来た。

終わりで空港に向かい、待ち時間の間に捨てたチケットをなんとかキャンセル出来ないかと航空会社にメールを送ってみた。


6月23日、日本着。手術。

朝10時頃に日本に到着。そのまま病院へ。

病院に着きICUに向かい、入り口で面会に来た旨を伝える。

しかし!入れない!

ICUに入ると親族が面会可能者のリストを作るんですが、僕の名前はそこになかった。。。

後から聞いた所母親曰く「忘れた。」との事。。。。。

 

また、僕の到着時、まだ手術前だったが父親は既に麻酔で寝ていた。

先生からは「難しい手術です。」と言われる!!

 

そこから手術が終わるまでひたすらに待つ。。

携帯がつながらない私はただただひたすらに待つ。。。

手術が終わったのは次の日の深夜2時過ぎ。

先生曰く「今の所順調ですが、起きてみないとまだまだわからない。」との事。

摘出した腫瘍を見せてもらったが卓球のピンポン球程の大きさの腫瘍だった。

これが小脳にあったらしい。

そんな手術にもかかわらず輸血を使わずに済んだらしい。

先生も疲れ果てていた。

輸血をしたらしたで、その血に何が入っているかわからないから違う病気になったりしてしまう可能性があるとの事。

献血をする=正義みたいになっているけど、

自分が献血の注意事項にあてはまらないか確認した上で献血をする。=正義

なんだなーとか考えた。

なにはともあれ先生ありがとうございます!!!!

そんなこんなで家に帰って即寝した。とりあえず最悪の結果は免れた!!!!

6月24日、航空会社からの返信メールが届く。

6月24日の朝まで手術していたため、先生からは「早くても25日に起こします。」と言われていたため、この日は何もなし。

「父親の手術の関係で24日のチケットをキャンセルしたい」と送っていたメールの返信が届く。

内容は「手術する人とあなたの関係を証明する書類と、医者の診断書の提出をすれば返金に応じます。」

という物だった。

「ルールがあるのはわかるけど、ICU入っている状態で診断書を先生に請求するやついるか!!」と思い、怒ってチケットは諦めた!!


6月25日、目覚める。

面会時間に病院に行くと父親はもう目覚めていた。

手術前、「手術する場所が場所のため、記憶と並行感覚に障害が残る可能性もある。記憶がどうなるかわからない。」とも言われていた。

面会時間の30分間程話した結果、心配されていた記憶の点も問題なさそうだった。

6月26日、ICUから一般病棟へ。

この日面会時間にICUに行くと父親はすでにICUを出て一般病棟に移っていた。

ずっと寝ていたため、ここからリハビリをしてからの退院という流れらしい。

すっかり安心した僕は帰りにアウトレットモールへショッピングへ行った。

6月27日~29日、お見舞い~帰国。

27日、28日とお見舞いに行き、29日の飛行機でタイに戻った。

ちなみに帰りは色々スーツケースに詰め込んだせいで超過荷物料金12000円取られた。

「事前に荷物の重量変更しておけば3000円で済むのに当日だと12000円って取り過ぎだ」とまたもや怒ってお金を払った。

まぁ事前申請すればいい事なのでこっちの問題なんだけど、、、。。

何にせよ父親は28日にはもう立ち上がっており、ICUにいる状態での帰国にならなくてよかった。

そして7月27日に無事退院した。

まぁ結局何が言いたいかと言うと、

正直、エラワン様へのお参りと今回の結果には何の因果関係もないでしょう。

でも、そんな考えの人でもたまには神頼みしてみてもいいのかな?と。

あと本当にこういう検査はしっかりやった方がいいですね!

また今回の事で一番思ったのが、

「まだ全然親孝行してないよ!」という思いだった。

早く親孝行出来るようにより一層頑張らないといけないなと。

 

今回、帰国中ラジオを1人でやってくれたTの極み。

ゴットタレントの日付を変わってもらったあっぱれコイズミさん。

心配して連絡してくれたきよしさん。

快く帰国させてくれたよしもとタイランド、J-channel、MCIPホールディングスのスタッフさん。

病院の先生と看護師さん方。

エラワン様。

息子が遠くにいるせいでほとんど1人でやった母親とそれを手伝った兄。

これからも元気でいてくれそうな父親。

全てにありがとうございました!!!!!



youtube

CTA-IMAGE はなずみがタイで色々やるチャンネル 是非是非チャンネル登録してね!

雑談カテゴリの最新記事